貯水タンクの地震被害調査と対策 | 中央大学 平野研究室

タンクの構造形式による違い

構造形式の違う貯水タンクのバルジング振動応答特性の比較

中央大学,平野廣和,貯水タンク,地震,スロッシング,バルジング,制振装置,タンクセイバー・波平さん

実験概要

中央大学,平野廣和,貯水タンク,地震,スロッシング,バルジング,制振装置,タンクセイバー・波平さん

 

中央大学,平野廣和,貯水タンク,地震,スロッシング,バルジング,制振装置,タンクセイバー・波平さん
使用する実機貯水槽
中央大学,平野廣和,貯水タンク,地震,スロッシング,バルジング,制振装置,タンクセイバー・波平さん

実験結果

 

中央大学,平野廣和,貯水タンク,地震,スロッシング,バルジング,制振装置,タンクセイバー・波平さん
中央大学,平野廣和,貯水タンク,地震,スロッシング,バルジング,制振装置,タンクセイバー・波平さん

 

中央大学,平野廣和,貯水タンク,地震,スロッシング,バルジング,制振装置,タンクセイバー・波平さん

比較映像

入力波:兵庫県南部地震50%

 

 

内溶液とパネルが連成するバルジング現象

中央大学,平野廣和,貯水タンク,地震,スロッシング,バルジング,制振装置,タンクセイバー・波平さん

まとめ

ステンレス製パネルタンクについて
・剛性が低く、パネルの加速度応答が大きい ⇒ バルジング現象の発生
・パネルのスペクトルピークが3.7Hz(バルジング発生領域内)
   ⇒ スペクトルピークに近い地震が発生する可能性がある

 

鋼板製一体形タンクについて
・剛性が高く、パネルの加速度応答が小さい ⇒ スロッシング現象の発生
・パネルのスペクトルピークが4.7Hz、9.7Hz 
   ⇒ 高いスペクトルピークを持ち、近い振動数の地震は発生しにくい

 

FRP製パネルタンクについて
・剛性、スペクトルピークが低い ⇒ 内用液の運動が支配的なためパネルの加速度応答が小さい
・パネルのスペクトルピークが2.1Hz(バルジング発生領域内)
   ⇒ スペクトルピークに近い地震が発生する可能性がある

関連ページ

バルジング振動に関して
過去の大地震では、多数の貯水タンクが壊れ、貴重な水が失われました。 私たちは、地震によるタンク損壊のメカニズムを解明し、命の水を守る装置を研究開発しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 被害調査 周期による違い 原因究明 制振装置開発 お問い合わせ