貯水タンクの地震被害調査と対策 | 中央大学 平野研究室

Topics

Topics記事一覧

CNCPアワード2017 優秀賞受賞

中央大学平野研究室を中核として(株)十川ゴム、(株)エヌ・ワイ・ケイの異業種が手を組んで産学連携研究グループを構成し、研究・開発に取り組んできた、”既存貯水槽の耐震性向上のための制振装置の開発” が、CNCPアワード2017 ベスト・プラクティス部門で優秀賞を受賞しました。CNCPアワード2017選...

≫続きを読む

 

イノベーション・ジャパン2017出展

イノベーション・ジャパン2017〜大学見本市&ビジネスマッチング〜2017年8月31〜9月1日 東京ビッグサイトにて開催

≫続きを読む

 

バルジング振動実験

2017年8月16日から3日間、共同研究メンバーである株式会社十川ゴムの堺工場で、バルジング現象を検証するため、アクリル製小型矩形水槽を用いた振動実験を行いました。

≫続きを読む

 

イノベーション・ジャパン2016出展

イノベーション・ジャパン2016展示タイトル地震から貯水槽を守る浮体式波動抑制装置『タンクセイバー・波平さん』の開発制振装置開発についてはこちら

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 被害調査 周期による違い 原因究明 制振装置開発 お問い合わせ