産学連係研究の成果

  産学連係研究は、中央大学理工学研究所を窓口に行っています。

研究成果の概要


1.スロッシング関係
やや長周期地震で発生する浮屋根式貯糟タンクの
スロッシング現象を減衰させるための装置の開発
鰹\川ゴム中井商工との協同研究)


参考資料1
参考資料2
参考資料3
参考資料4


2.長柱の制振装置 
通称:コロコロダンパー” 多方向転動型質量同調ダンパー(Tuned Rolling Mass Damper)
(鰹\川ゴム,中井商工梶C葛ヲ和コンサルタンツ八戸工業高等専門学校丸岡研究室との協同研究)

(首都高速鰍フCCTV(渋滞監視カメラ)の制振装置の標準設計に採用されています)

参考資料1
参考資料2

参考資料3


3.橋梁から発生する低周波騒音防止装置
”通称:おとなし君”

参考資料1


4.橋梁の耐風設計へ数値流体解析を適用するための研究

参考資料1


5.光硬化性樹脂を用いた長柱の補強構造と補強工法

参考資料1


6.学生達の新しい取組

中央大学多摩キャンパス防災池の観測