本文へスキップ
ホーム  About  在外研究先
(NY州イサカ市)

主な業績例  主な研究・教育活動例 Research Notes 

英文契約文言の裁判例紹介


                       

筆者の師J.A.ヘンダーソン, Jr.教授の講義「Products Liability」の教科書(ケース・ブック)(左端)と、
コーネル大学ロースクールの教室入口(中央)と、授業計画表(シラバス)(右端)。
なお教科書は、2011年に発表された最新改訂版(第七版)

Research Notes



連載「アメリカ・ビジネス判例の読み方」
 

国際商事法務誌に毎月掲載中


 表題
サイテーション  『際商』出典 
 (第1回) 100 Ctr. Dev. Co. v. Hacienda Mexican Rest., Inc.
〜契約書の文言が多義的ではないと解釈された事例〜
  546 N.E.2d 1256 (Ind.Ct.App. 1989).  43巻4号
614頁
(2015年4月)
 (第2回) Aware, Inc. v. Centillium Communications, Inc.
〜契約書の『due』という文言が『多義的』と解釈された事例〜
 604 F.Supp.2d 306(D.Mass. 2009).    
778頁

(5月)
 (第3回) S.W. Aircraft, Inc. v. U.S.
〜危険負担
risk of loss条項の"misplaced modifier"が争われ、『contra proferentem』準則が適用された事例〜
 551 F.2d 1208(Ct.Cl. 1977).   
950頁
(6月)
  (第4回) Indiana Farmers Mut. Ins. Co. v. Imel
コンマ(,)を省いた為に被修飾語句の範囲が広がった結果、免責の範囲が狭く解釈された事例〜
 817 N.E.2d 299 (Ind.App. 2004).  
1098頁
(7月)
 
 (第5回) Cin-Doo, Inc. v. 7-Eleven, Inc.
〜 「
NOM条項不放棄条項にも拘わらず
口約束の強制可能性を示した事例〜
 2005 WL 768592(D.N.H.).   
1270頁
(8月)
   (第6回) Soltis v. Liles
〜支払遅延を繰り返し見逃した為に『時宜に適った履行』(
time is of the essence)の条件を放棄したと認定された事例〜
  275 Or. 537, 551 P.2d 1297 (1976).
1432頁

(9月) 
(第7回) Twentieth Century-Fox Film Corp. v. Lardner
morals clauseに基づく解雇が有効と解された代表事例〜
 
 216 F.2d 844(9th Cir. 1954).   10
1602頁

(10月)
 (第8回) Mendenhall v. Hanesbrands, Inc.
〜たとえ雇用主がmorals clause違反を裁量で判断・解雇できるという規定であっても、恣意的に行使してはならないとされた事例〜
 856 F.Supp.2d 717(M.D.N.C. 2012).  11
1764頁
(11月)
 (第9回) Galaviz v. Post-Newsweek Stations
〜ニュースリポーターと恋人達との喧嘩が三度警察沙汰に至りmorals clause違反による解雇が肯定された事例〜
 2009 WL 2105981 (W.D.Tex)及び380 Fed.Appx. 457, 2010 WL 2294724 (C.A.5 (Tex)).   12
1922頁
(12月)
 (第10回) Booker v. Robert Half Int'l, Inc.
〜分離条項
(Severability Clause)を尊重して、仲裁条項の懲罰賠償禁止部分以外を有効とした事例〜
 413 F.3d 77 (D.C. Cir. 2005). 44
152頁
(2016年1月)
 
 (第11回) VarTech Systems v. Hayden
〜分離条項・留保/保持条項
(Severability / Savings Clause) ゆえに競合避止契約の違法部分以外を有効とした事例〜
 951 So.2d 247 (La.App. 1 Cir. 2006).   
324頁
(2月)
 
(第12回)
Data Mgmt, Inc. v. Greene
〜分離性
(Severability/Severance)の3つの解釈動向を解り易く示した法廷意見〜
  757 P.2d 62 (Alaska 1988).  
480頁
(3月)
 


表題
サイテーション  『際商』出典 
 
(第13回) Valley Medical Specialists v. Farber
〜分離性(severability)の「blue pencil rule」を採るアリゾナ州の事例〜
 
982 P.2d 1277
(Ariz. 1999)
  44
650頁
(4月)
   (第14回)  Varsity Gold, Inc. v. Porzia 〜前回アリゾナ州最高裁「Farber」判決を解釈した事例〜  45 P.3d 352
(Ariz.Ct.App. 2002)
 
●●●頁

(5月)
  (第15回)  Mracek v. Bryn Mawer Hospital 〜手術用ロボット「ダ・ヴィンチ」が、誤作動法理に基づく製造物責任を問われた事例〜  610 F.Supp.2d 401
(E.D.Pa. 2009)
  
●●●頁

(6月)
  (第16回)  Payne v. ABB Flexible Automation, Inc.〜産業用ロボット製造物責任訴訟の事例〜  116 F.3d 480
(8th Cir. 1997)
  
●●●頁

(7月)
  (第17回)  Kalisch-Jarcho, Inc. v. City of New York 〜免責規定が強制不可能となる場合を分析した事例〜  448 N.E.2d 413
(N.Y. 1983)
  
●●●頁

(8月)
   (第18回)  Miller v. Rubbermaid, Inc. 〜産業用ロボットによる死亡事故に於いて故意による不法行為が争点になった事例〜  2007 WL 1695109
(Ohio Ct. App. June 13, 2007)
  
●●●頁

(9月)
   (第19回)  Arnold v. Reuther 〜自動運転時代の「ラスト・クリア・チャンス:the last clear chance」な事故回避義務を示唆する事例〜  92 So.2d 593
(La.Ct.App. 1957)
  10
●●●頁

(10月)
  (第20回)  TBD  TBD   11
●●●頁

(11月)
  (第21回)  TBD  TBD   12
●●●頁

(12月)
  (第22回)  TBD  TBD  45
●●頁
(1月)
  (第23回)  TBD  TBD   
●●●頁

(2月)
  (第24回)  TBD  TBD   
●●●頁

(3月)



表題
サイテーション  『際商』出典 
 
(第●●回) TBD 
TBD TBD
 TBD  TBD  TBD
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     




●●● ― ●●●


●●● ― ●●●

●●● ― ●●●

研究関連事項
 
The author in Horyu-ji, Nara City, Japan