関係ページは
ジョン・グリシャム
法と文学

 当ページ/サイトの利用条件はココをクリック
Terms and Conditions for the use of this Page or Site.

ジョン・グリシャム著
『ペリカン文書』
の研究

THE PELICAN BRIEF
(構築中 Always under Construction)
中央大学教授(大学院&総合政策学部)および
米国弁護士(NY州法曹界所属)
平野 晋

Susumu Hirano
Adjunct, Graduate School of Policy Studies, Chuo University (Tokyo, JAPAN)
Adjunct, Faculty of Law, Meiji University (Tokyo, Japan)
Member of NY Bar (The United States of America)
Copyright (c) 2000-05 by Susumu Hirano.   All rights reserved. 但し当ウエブページの筆者の氏名&出典を明示して使用することは許諾します。 

当サイトは小説家・米国弁護士のジョン・グリシャムの作品の研究、批評、およびそれを通じた法律学の研究・教育用サイトです。
 

First Up-loaded on June 7, 2000.

グリシャムの描く女性法曹の姿が女性に対するステレオタイプを助長・永続化させるというフェミニズム的視点からの批判

(当論文のもう少し詳しい紹介については、「ジョン・グリシャムへの批判」のページを参照。)

出典: Carrie S. Coffman, Gingerbread women: Stereotypical Female Atttorneys in the Novel of John Grisham, 8 S. CAL. REV. OF L. AND WOMEN'S STUD. 73 (1998).

『ペリカン文書』におけるダービー・ショウ [ジュリア・ロバーツ]: 「男性の保護を必要とする犠牲者型女性」