徹底研究十二人の怒れる男』(その3)    

Twelve Angry Men
中央大学教授米国NY州)弁護士 博士(総合政策、中央大学) 平野 晋

Susumu Hirano; Professor of Law, Graduate School of Policy Studies, Chuo University (Tokyo, JAPAN) ; Professor, Faculty of Law, Meiji University (Tokyo, Japan) ; Member of the New York State Bar (The United States of America) . Copyright (c) 2008 by Susumu Hirano.   All rights reserved. 但し作成者の氏名&出典を明示して使用することは許諾します。もっとも何時にても作成者の裁量によって許諾を撤回することができることとします。当ページ/サイトの利用条件はココをクリックTerms and Conditions for the use of this Page or Site. 当サイトは  「研究『12人の怒れる男』」の上級編です。関連ページは、アメリカ等の法律学に於ける学際的分野「法と文学」(Law & Literature)、および「法と文化研究」(Law & Cultural Studies)です。

目次

十二人の怒れる男」(1957年、MGM/United Artists、ヘンリー・フォンダ主演)

 

はじめに――作品製作の背景等

I. 冤罪の防止

II. 正義を担保する仕組み ――「公正な裁判」、「偏りの無い陪審裁判」、そして「熱心な擁護者」 一.作品では陪審以外の司法制度(判事、検察・警察、弁護人)が適正に機能していない?! 二.「公正な裁判」  三.「偏りの無い陪審裁判」 / 四.「熱心な擁護者」  五.証拠法

以上、「徹底研究『十二人の怒れる男』(その1)」のページ。
________________.

以下、「徹底研究『十二人の怒れる男』(その2)」のページ。

III. 証拠に基づく評価と偏見の除去  / 一. 「証拠法」と「偏見・先入観」 / 二.偏見を示唆する様々な場面
___________.

以下、当ページ。

IV.「説示」と陪審制  /一.「beyond a reasonable doubt  / 二.陪審団の構成員――多様性  三.裁判に於ける陪審の役割、独立性、および秘密性  四.「jury nullification / 五.全員一致の原則  六.その他、陪審制度に就いて

_______________.
以下、「徹底研究『十二人の怒れる男』(その4)徹底研究『十二人の怒れる男』(その5)に続く。

V. 投票が先か議論が先か? / 一.「評決に駆られた評議」対「証拠に駆られた評議」 / 二.投票が先 / 三.対話の必要性――「熟議民主主義」

VI.misconduct」――法廷外証拠の陪審による検討等

VII. 証人・証言のリスクと回避策と『藪の中』 / 一.「宣誓」の意味に就いて / 二.「demeanor」を観察することの重要性に就いて / 三.芥川龍之介の『藪の中』と黒澤明の「羅生門」 / 四.「人は自ら見たいと望むものを見る」問題―「自己奉仕偏見」

VIII. 凾ヘ有罪だったかも…?

参考文献

IV.「説示」(jury instruction / charge)と陪審制 

l       以下、冒頭の、裁判官が陪審員に対して説示を行う場面(強調付加) DVD at ch.1.0:01:220:03:00, Rose at 1(emphasis added).

 

….  And now, gentlemen of the jury, I come to my final instruction to you.  Murder in the first degree premeditated homicide[1] is the most serious charge tried in our criminal courts.  You’ve listened to the testimony and you’ve had the law read to you and interpreted as it applies to this case.  It now becomes your duty to try and separate the facts from the fancy.  One man is dead.  The life of another is at stake.  I urge you to deliberate honestly and thoughtfully.  If there is a reasonable doubt --- then you must bring me a verdict of “not guilty.”  If, however, there is no reasonable doubt, then you must, in good conscience, find the accused guilty.  However you decide, your verdict must be unanimous.  In the event you find the accused guilty, the bench will not entertain a recommendation for mercy.  The death sentence is mandatory in this case.

 

O       画面内で「Alternate jurors are excused.」と言われて、二名が陪審席から外れるシーンは、「補欠陪審員」が役割を終え[て帰宅を許され]たの意。――もしtrial中に十二名の正規陪審員達の中の誰かが病欠等になるとせっかくのtrialが無駄になってしまう事態に備えるのが補欠陪審員の役割。

 

目次に戻る

一.beyond a reasonable doubt(合理的な疑いを越えて)

l法源: 連邦最高裁は、修正第十四「適正手続」条項(前掲)に依拠すると以下のように指摘[2]

 

“….  Due process commands that no man shall lose his liberty unless the Government has borne the burden of … convincing the factfinder of his guilt.”  To this end, the reasonable-doubt standard is indispensable, for it “impresses on the trier of fact the necessity of reaching a subjective state of certitude of the facts in issue.”

 

l       歴史: 上の法廷意見は、歴史に就いても以下のように述べている[3]

 

The requirement that guilt of a criminal charge be established by proof beyond a reasonable doubt dates at least from our early years as a Nation.  The “demand for a higher degree of persuasion in criminal cases was recurrently expressed from ancient times, (through) its crystallization into the formula ‘beyond a reasonable doubt’ seems to have occurred as late as 1798.  It is now accepted in common law jurisdictions as the measure of persuasion by which the prosecution must convince the trier of all the essential elements of guilt.”  C. McCormick, Evidence s321, pp.681-82 (1954);  see also 9 Wigmore, Evidence, s2497 (3d ed. 1940).

_____________.

 

l向かい側apt.の婦人の叫び声を凾ェ聞かなかったかもしれないという議論に対し、8th Jurorが反論しつつ DVD at ch8.0:50:47, Rose at 39 (emphasis added).

 

8th Juror       Maybe.  Maybe he did stab his father, didn’t hear the woman’s scream, did run out in a panic, did calm down three hours later and come back to try to get the knife, risking being caught by the police.  Maybe all those things are so.  But maybe they’re not.  I think there’s enough doubt to make us wonder whether he was there at all during the time the murder took place.

_____________.

 

l[前掲「I.冤罪の防止」で示した場面の再掲]  洗面所の中に居た#8陪審員を残して、#7陪審員(ヤンキース)が出て行った後に、#6陪審員(開襟シャツの労働者)が入って来て、#8陪審員との会話になって  DVD at ch6.0:38:42, Rose at 27.  

 

6th Juror       ….  You think he’s innocent?

8th Juror       I don’t know.  It’s possible.

_____________.

 

l高架電車が通過中の10秒間の騒音では階下の老人は現場の音を聞き分けられたはずがないという点に就いて、ほんの何秒かの違いに関する正確さは証言に求めなくても良いか否かが論争になって…. DVD at ch7.0:43:05, Rose at 33 (emphasis added).

 

3rd Juror    You’re talking about a matter of seconds here.  Nobody can be that accurate.

8th Juror    Well, I think that testimony which could put a human being into the electric chair should be that accurate.

_______________.

 

l       reasonable doubt」の基準(narrative)

O  伝統的な[古い]説明[4]

Reasonable doubt is “not mere possible doubt;  because every thing relating to human affairs, and depending on moral evidence, is open to some possible or imaginary doubt.”  Instead, reasonable doubt exists when “state of the case … leaves the minds of jurors in that condition that they cannot say feel an abiding conviction, to a moral certainty, of the truth of the charge.” 

 

O         現代的な説明[5]

The jury must be “firmly convinced” of guilt in order to convict.

 

l       reasonable doubt」の基準(定量的)

O       民事訴訟に於けるよりも刑事訴訟では高い立証責任が課されている。

刑事事件

proof beyond a reasonable doubt

ほぼ95%相当[6]

民事事件

preponderance of evidence

[証拠の優越]

50%[7]

参考: O.J. Simpson事件(刑事で無罪、民事で有責)

 

l       reasonable doubt」に関する陪審説示の例[8]

Reasonable doubt means a doubt based upon reason and common sense that arises from fair and rational consideration of all the evidence or lack of evidence in the case.  It is a doubt that is not a vague, speculative or imaginary doubt, but such a doubt as would cause reasonable persons to hesitate to act in matters of serious importance to themselves.

 

l         より判り易い説示の例としては、以下参照。

Reasonable Doubt, CJI2d[NY] Charges of General Applicability, Criminal Jury Instruction 2d, New York State Unified Court System, available at

http://www.courts.state.ny.us/cji/1-General/CJI2d.Presumption.

Burden.Reasonable_Doubt.pdf (last visit on Nov. 4, 2008).

 

目次に戻る

二.陪審団の構成員 (juror)――多様性

l       1957年の「十二人の怒れる男」は、(Blue Ribbon Juries」の段落で)後掲する「陪審員候補団名簿」(jury pool / jury venire(ヴェナイリ))を「地域社会の横断面の代表」(a representative cross-section of the community)から選出せねばならないとする連邦最高裁判決が下されるよりも昔の作品であり、女性もマイノリティーも余り陪審を勤めなかった時代の作品である[9]

l       今日的には[女性も当然に陪審員に成るので]「十二人の怒れる男」が演劇される際の演題として「十二人の怒れる陪審員(12 Angry Jurors)とされる場合さえある[10]

l       平野: 全員白人男性から構成されているけれども、それなりの「多様性」が表れていることが重要ではないか。

O       ↑共通の目的に向かって異なる視点を持ち込んでくれる多様な構成員から成る団体の方が、評議の便益は高まる――∵或る実証研究に拠れば、白人だけで構成された陪審よりも、黒人と白人が混合した陪審による評議の方が、より多くの争点に触れて、より多くの情報に就いてより長時間を熟議に費やしたと実証されている[11]

O       社会的地位の高い人も低い人も、異なる背景と出身地を持って富の違いも在る人々が、多くは自身の経験に基づいて個性的な見方と異なる貢献をすることに因り、評議の内容を充実させ、他の陪審員が自身の最初の考えを再検討させることにも繋がっている――そのように「十二人の怒れる男」は陪審の多様性の理想を描いている[12]

l       平野: 後掲「VII. 証人・証言のリスク...」内の「二.『demeanor』...」で引用する、9th Jurorが老人証人を注意深く観察していたからこそ判明する証言の信憑性に対する疑問は、同じく老人である陪審員#9が居なければ気付かなかった問題。 更にスラム育ちの5th Jurorが居なければ、飛び出しナイフは下手(したで)で持つのが自然という問題(DVD at ch.12.1:14:10)にも気付なかったはずである。

l       「多様な程度の知識と洞察力を有した人々から成る多様な団体を構成できれば、彼らに主要な判断を委ねる方が、如何に頭の良い一人または二人の手に委ねるよりも、より良いことになる」(= “wisdom of crowds”)と云われている[13]。 → 後掲「六.その他、陪審制度に就いて」内の「dynamics of group decision making」参照。

l       現在では、投票登録簿または自動車免許登録簿を基にした「jury pool / jury venire(ヴェナイリ)」から無作為に候補者が選出される[14]communityrepresentativeであるよう配慮されている[15](次段参照)

l       陪審構成員に関する歴史は以下[16]

O       Blue Ribbon Juries」: 19世紀後半〜20世紀前半には、評決が「真実」且つ「正確」であって「同情」や「政治」に左右されない為に、州や連邦のjury commission知性と性格に基づいて役務に適すると判断した者(Blue Ribbon Juries)のみをqualifiedとしてjury poolに載せて召喚する裁量権を付与していた。

2      マイノリティーや女性はjury poolから除外されることに成った。

2      二、三十年後には、陪審員の能力・資質を維持する為に不可欠と捉えられていたjury commissionによる裁量が却って凾フ権利を脅かす差別の手段と捉えられるに至った。

2      1968年には連邦法により、連邦裁判所の陪審員を「地域社会の横断面」(a cross-section of the community)からランダムに召喚することになった。

2      1975年には連邦最高裁判決[17]により、州裁判所も陪審員を「地域社会の全ての部分を代表する出所」(sources representative all segment of the community)から召喚すべきと判断し、特に女性を除外するような慣行を非難した。

 

目次に戻る

三.裁判に於ける陪審員の役割、独立性、および秘密性

l       裁判官は「pain and death」を扱い、陪審も「pain and death」を扱う――両者ともに社会を代理して、[事件の]決定を下すからである[18]

lI, the Jury」=「探偵マイク・ハマー 俺が掟だ」(一九八二年、ワーナーブラザーズ)[19]

l       「事実問題は陪審に、法律問題は裁判官に。」

O         しかし法の「適用」(application of law)も通常は陪審に。――「mixed fact-law question」⇒ 「十二人の怒れる男」作品中、「beyond a reasonable doubt」のルールを12人の陪審が証拠に適用して無罪の結論に至った。

O         以下の法廷意見が役割分担を表している[20]

It the most sacred constitutional right of every party accused of a crime that the jury should respond as to the facts, and the court as to the law.  It is the duty of the court to instruct the jury as to the law and it is the duty of the jury to follow the law as it is laid down by the court.  This is the right of every citizen, and it is his only protection.  Every person accused as a criminal has a right to be tried according to the law of the land, the fixed law of the land, and not by the law as a jury may understand it, or choose, from wantonness or ignorance or accidental mistake, to interpret it.  Every citizen has a right to be tried by the law, and according to the law; that it is his privilege and truest shield against oppression and wrong.

 

l       以下、陪審員の宣誓の例[21]が示すように、陪審は法廷で提示された証拠と説示にのみ基づいて評決を下すように誓いを立てる。

Each of you do solemnly swear that, in this action now before the court, you will justly decide the questions submitted to you, that, unless as you are discharged by the court from further deliberation, you will render a true verdict and that you will render your verdict only on the evidence introduced and in accordance with the instructions of the court, so help you God.

 

l 「証拠の評価」(to weigh evidence)は陪審員の役割[22]。従って判事は原則として証拠の評価を行わない[23]

l       陪審の独立性は神聖なものと解されていて、評議に対して判事の介入が厳格に禁じられている[24]

O         独立性が重んじられていることを示すのは、以下の、評議の仕方を陪審員達自身で決めるシーンである。DVD at ____, Rose at 6-7 (emphasis added).

 

Foreman    All right.  Now you gentlemen can handle this any way you want to.  I mean, I’m not going to have any rules.  If we want to discuss it first and then vote, that’s one way.  Or we can ….

_________________.

 

最初に投票するか、または議論してから後で投票するかの論点に就いては、後掲「V. 投票が先か...」参照。

O         実際の裁判でも、評議を如何に行うかを決めるのは陪審自身の権限であるという前提に基づいて、判事は評議の仕方に関する説示を余り多く行わないと指摘されている[25]

l       陪審評議の秘密性の保持も厳しく解されている[26]。外部からの介入を避けて独立性を担保する機能になっている[27]。以下の法廷意見[28]はその趣旨をよく表していよう。

 

The secrecy of deliberation is the cornerstone of the modern Anglo-American jury system….  [T]he mere suggestion that the views of jurors may be conveyed to the parties and the public … understandably may cause anxiety and fear in jurors, and distort the process by which a verdict is reached….

_________________.

 

l       陪審評決の尊重

O         証拠によって支持されていない有罪評決は裁判所が覆せる――陪審から事件を取り上げてacquittalを命じ得る[29]

2        ⇒「アラバマ物語」でもAtticusは判事に対し、証拠に支持されていない有罪評決を覆すように申立すべきだった!?[30]

O         逆に無罪評決に対して裁判所は如何に有罪を証拠が示していると思っても陪審の同意なしに検察側を勝訴させる決定は下せない[31]

2      ∵「double jeopardy」の禁止 (以下、合衆国憲法[32])

No person shall …;  nor shall any person be subject for the same offence to be twice put in jeopardy of life or limb;  ….

 

2      無罪評決は原則として控訴できないので、証拠に反する無罪評決でも確定してしまう?![33] → 次項「四.jury nullification」参照。

2      即ち検察側は無罪評決に対し控訴できない[34]。→ 後掲「VI.misconduct』」参照。

 

目次に戻る

四.jury nullification

l       定義[35]

jury nullification.   A jury’s knowing and deliberate rejection of the evidence or refusal to apply the law either because the jury wants to send a message about some social issue that is larger than the case itself or because the result dictated by law is contrary to the jury’s sense of justice, morality, or fairness.

O         [証拠や]法や、特定事件への法の適用に対し、大衆の正義感が反発する際には、法/在るべき適用を変えてしまう[36]

O         確かに「アラバマ物語」の陪審員達の評決も、上で引用した定義に当てはまるように思われる。――無罪を示す証拠を無視し、合理的な疑いの原則(i.e.,)も無視して、事件よりも大きい社会的メッセージ(i.e.,黒人を勝たせる訳にはゆかないというメッセージ?!)を伝えようとしたと解されるからである。

l       裁判官としてはjury nullificationを抑止する為に、例えば以下のような説示を行う場合もある[37]

[Y]ou [jurors] must accept and follow the law as I [the judge] state it to you, regardless of whether you agree with the law.

 

l       法的にはjury nullificationは違法[38](前掲脚注FN#113Sparf & Hansen v. United States」参照。)

l       しかし実態・真相は不明で防止も困難。∵上述した陪審の独立性・秘密性、および後掲「VI.misconduct』」で引用する『連邦証拠規則』606(b)が規定するような評議室内での出来事に関する陪審員の証言の証拠法上の制限、等[39]が障害に成っている。

O         While … secrecy gives jurors the raw power to nullify, [jury] do not have the legal right to do so.」という指摘もある[40]

l       歴史: アメリカ合衆国建国の歴史にも登場する、反国家主義的な陪審制独立原則に基づく有名な「ゼンガー裁判[41]の言説は、jury nullificationを肯定的に捉えている。 ← 後掲「六.その他、陪審制度に就いて」内の「陪審制度の歴史」で概説する「一七三五年『ゼンガー(Zenger)裁判』」参照。

l       代表例: Rodney King Affair[42]O.J. Simpson第一(刑事)事件[43]

l       他の映画作品: 「ニューオーリンズ・トライアル」(Runaway Jury2003年、John Grisham原作、20th Century Fox)(不当な操作で有責民事評決?)[44] 「評決のとき」[45] (A Time to Kill1996年、John Grisham原作、Warner Bros.)(心神喪失で刑事無罪評決?) 前掲「評決」(不意打ち―surprise―証拠で有責民事評決)?

l       holdouts(不同調者)がヘンリー・フォンダのような適切なholdoutsなのか、または単に偏屈で理不尽なholdoutsなのかの区別も困難と云われている[46]。その理由は、陪審員の独立と評議の秘密性の保持に在る[47](次項「五.全員一致の原則」も参照。)

 

holdouts(不同調者)

reasonable doubts about

the evidence

区別が困難

improper nullification

Abramson, Anger, supra note _____, at 607の概念を図表化。

secrecy of jury deliberation

利益の衝突

prevention of

jury misconduct

 

O         即ち、例えば「不同調者が不当に評議を妨げている」というメモが評議室から裁判官に届けられて裁判官が安易に各陪審員に意見聴取すれば、不同調者とされた陪審員が萎縮して、本当はリーズナブルな抵抗をしているにも拘わらず圧力に屈してしまう虞が懸念される――有罪を支持する多数派に対抗するのは普通でも困難なのに、holdoutを理由に裁判官が調査を始めると更に困難になってしまうと懸念されるからである[48]。――従って多数派が少数派を粉砕する手段として判事による介入を悪用する虞もある[49]。――以下の法廷意見が判事による介入の与える悪影響への懸念を表している[50]

 

[It would be difficult for a judge to investigate complaints without] chill[ing] the free exchange of ideas that lies at the center of the deliberative process.

_______________.

 

目次に戻る

五.全員一致の原則

l         全員一致の評決の記録は1367年に遡り、18世紀には英国コモンローに組み込まれた概念と化し、全員一致の理由は以下のセンテンスが表している[51]

The jury was to pronounce the truth, and there was only one truth.  If all jurors did not agree to a verdict, then a truth was not being declared.

 

l       hung jury(評決不能の陪審)と「mistrial(審理無効)[52]

O       全員一致が要件である州地裁や連邦地裁に於いて、一致に至らずdeadlock(はま)った場合は、「hung jury(評決不能の陪審)と呼ばれる。

O       hung juryの申し出に対し裁判官は、「dynamite charge―爆弾説示―」と云われる説示を行って、再度、他の陪審員の主張も考慮して真剣に検討し直すように(さと)す。

O       hung juryを解消できない場合は、「mistrial(審理無効)を裁判官が宣言。

O       mistrialは、当事者や弁護士や陪審員や証人により不正が行われ、且つ陪審への説示によって不正が治癒できない場合にも宣言される。 → new trial (再審理)へ。

l       hung juryは「尊重されつつも逆説的な現象」(treasured, paradoxical phenomenon)である――∵それは多数派の意思を覆す程に強く少数派を「尊重し」つつも、節度(moderate)を持って生じるものでなければ裁判所の効率的機能を阻害してしまうから「逆説的」なのである[53]

l       大多数の陪審員の意見に反対する少数派は、その反対がhung juryを辞さない程に強固なのか否かを試されることになる。以下のヘンリー・フォンダの態度は、反対派も譲歩し得る実態を表している[54]

O       以下、ヘンリー・フォンダが一時間は議論しようと言う場面と、暫く議論の後に第二回投票で無罪派の味方が現れなければ有罪評決で構わないと言う場面。 DVD at ch.______, Rose at 9, 23 (emphasis added).

 

8th Juror   ….  I mean, we can’t decide in five minutes.  Suppose we’re wrong?

7th Juror   ….

8th Juror   ….

7th Juror (after a pause)     What’s the difference how long it takes?  We honestly think he’s guilty.  So suppose we finish in five minutes?  So what?

8th Juror    Let’s take an hour.  The ball game doesn’t start till eight o’clock.

___________.

 

6th Juror (to 8th Juror)      You’re the only one.

8th Juror   I have a proposition to make to all of you.  I want to call for a vote.  I’d like you eleven men to vote by secret written ballot.  I’ll abstain.  If there are still eleven votes for guilty, I won’t stand alone.  We will take a guilty verdict in to the judge right now.  But if anyone votes not guilty, we’ll stay and talk this thing out.  (He pauses.)  Well, that’s all.  If you want to try, I’m ready.

___________________________.

 

l       「十二人の怒れる男」は、全員一致原則に於ける「holdout(不同調者)を劇的に描いている[55]

O       「十二人の怒れる男」は、「私刑暴徒心理状態」(lynch mob mentality)に対抗(holding out)する「普通の男」(a common man)への「賛辞」(tribute)である[56]

O       他の陪審員達に熟議するように仕向けさせるヘンリー・フォンダに利用可能な手段の一つは[全員一致原則に於ける]反対票であり、これを用いて時間を稼ぐことに拠って、証拠に注意を向けさせて、皆で証拠の評価を熟議させしめることに繋がったのである[57]

l         刑事事件の陪審裁判に於いて全員一致に至らない確率は平均5%程度であり、その原因は多くの場合に証拠の評価に関する純粋な意見の相違であるという指摘がある[58]

l         重罪事件に於いて有罪・無罪を決するのに全員一致でなくて良いとする州はオレゴン州とルイジアナ州のみ[59]、他の48州と連邦地裁は重罪事件に於ける全員一致を堅持。

O         1934年にhung juryの頻発を怖れたオレゴン州の有権者が102でも有罪・無罪決定を可とする法改正に同意。 1928年にはルイジアナ州で93でも有罪・無罪決定を可とする法改正に同意。[60]

2        102でも有罪を可としたオレゴン州の評決の合憲性は、Apodaca et al. v. Oregon, 406 U.S. 404 (1972)で支持された。

2        93のルイジアナ州に於ける有罪評決を合憲とした連邦最高裁判決は、Johnson v. Louisiana, 406 U.S. 356 (1972)である。

l         holdout(不同調者)」と「unreasonable doubt」の問題: 「holdout(不同調者)」を「十二人の怒れる男」のようにヒーローと看做すのではなく、寧ろ、「理不尽(unreasonable)」な頑固者的害悪と看做す見解が近年出て来ていて[61]、以下のような修飾語さえも散見される―― “unreasonable(再掲),” “unreachable[動かし難い],” “eccentric and disengaged[他人との束帯を欠く],” “un-deliberative[熟議を欠く].”――法を無視(前掲「四.jury nullification」参照)して「神の意思に拠り無罪だ」と主張したり、「警察は信用できない」と言ってアフリカ系アメリカ人が凾フ無罪に固執したり[62]、イヤフォンで音楽を聴いて議論に参加しない例等の指摘が見られる[63]

O       そのような見解は、[ヘンリー・フォンダのような]不同調者が熟議に資するという伝統的見解に対抗し、近年は「unreasonable doubt」に固執する不同調者の弊害故に「hung jury」が増えていると主張して、全員一致の原則を変更すべきと主張する[64](→後掲「『two way unanimity rule』...対『one way rule』...」参照。)

 

holdouts

(不同調者)

伝統的見解

(十二人のヘンリー・フォンダ)

熟議に資する。証拠を批判的に吟味することに繋がる。

近年の一部見解

理不尽な抵抗。合理的な証拠の評価を妨げる。

Abramson, Anger, supra note____, at 597の概念を図表化。

 

O       これに対し、伝統的見解を支持して全員一致原則を維持しようとする論者は、例えば統計・実証研究に基づいて、hung juryが増えている訳ではない等と反論している[65]

O       そしてhung juryに至る主な原因はeccentricjurorに在るのではなく、寧ろ証拠が多義的(ambiguity)・複雑(complex)な場合であって事件毎に特異な異議(case-specific objections)の表れであると主張するのである[66]

l         two way unanimity rule(双方的全員一致原則) 対「one way rule(一方的原則): 

O       two way unanimity rule」とは普通の陪審制度の全員一致原則であり、有罪にする為に全員一致が要件であるだけではなく無罪にする為にも全員一致が要件という意であるから、有罪または無罪の何れかで全員一致にならなければdeadlockであり「hung jury」になる[67]

O       one way rule」とは全員一致原則への修正として提案されているものであり、有罪にするには10名以上の賛成を要するけれども、無罪にする為には3名以上のみで足りるとするものである[68]

l         全員一致ならば評決はより正当化され、当事者と公衆も結果をより尊重するようになる[69]

l         評決には全員一致を要求する通常の陪審制の場合には、反対者の力が増し且つ評議の質も増す――全員一致の場合の方が後掲(V. 投票が先か議論が先か?」内の)「証拠に駆られた評議」の特徴である、証拠の論議をよりしばしば行うようになりがちである[70]

l         全員一致でなくても良いルールに対する心理学からの示唆(批判)は以下[71]

O       全員一致ではない場合には、評議に費やす時間が短くなり評議の質に不満が生じ、評決の正しさにより確信を抱けなくなり、評議中の議論に各自がより影響を受けなくなる。より徹底的ではなくなりより真剣ではなくなる。証拠の評価の誤りや説示の理解の誤りをより修正しなくなりがちである。

O       全員一致の場合には、評議時間が長くなり[72]、評決に至る前に投票をより行うようになり、意見と情報をより提出するようになり、強固な主張と無礼になりがちな会話になり、より徹底的な証拠の評価を行って権威と最終性を評決に与えるようになる。→ 後掲「V. 投票が先か...」内の「三.対話の必要性」で引用する「十二人の怒れる男」諸場面(例えば最初の投票で8th Jurorが反対票を入れた理由を説明する場面)参照。

 

目次に戻る

六.その他、陪審制度に就いて

l       市民による裁判への直接参加制度としては、欧州大陸国に於ける刑事陪審制度または、職業裁判官と「素人裁判官」(assessors: lay judges)が共に審理する制度が存在するけれども[73]、アメリカ程に陪審に独立的な権限(判事から離れて秘密裏に評議する)を付与する国は稀で、更には民事陪審制度もアメリカに特有な制度[74]

l       アメリカ陪審制度の意義: 陪審裁判制度は、以下の理由で肯定化されている[75]

O       政府による恣意的専制への歯止め。/ 市民に公務へ直接参加させることにより民主主義の価値と自治政府の原理を促進する。/ 自身が参加することにより裁判所の判断をより支持することに繋がり、その支持は自主的な遵守に大きく依存する裁判所にとって重要である。/ 匿名の、無関係な市民が公衆の目に曝されて決定を下すことにより、独立性が純粋に担保され、裁判官(選挙や指名に基づくアメリカ的制度故に圧力から無縁ではない)には下すことが難しい判断を下すのにも適している。 

O       12人の怒れる男」も、政府による恣意的な権力の濫用への防波堤としての「アメリカの良心」(American conscience)に根ざしている[76]――陪審制度は実際に機能している「熟議民主主義」(後掲「V. 投票が先か」参照)の賞賛すべき例と捉えられている。∵普通の人々が重要な政府の役割をdeliberateして解決するからである。「Twelve people, with twelve different minds, with twelve different sets of experiences … and in their judgment they must become of one mind --- unanimous.

O       jury serviceは「義務」(civic duty)であると共に「権利」でもある[77]。∴misconductを回避できるような訓練を受けて経験を有するヴォランティアと職業陪審員だけから成る候補者制度は作らない[78](論議は「職業軍人」対「徴兵制」にも似ている[79])

O       市民は陪審役務を通じて、自身を教育し[80]、法的義務の範囲を決定し、リーズナブルネスの社会的基準を強制し、trialの結果を正当化する[81]

l       支持率と支持理由

O       ABA(全米法曹協会)による1998の調査に拠れば、69%もの人々が、陪審制度こそ司法制度の中でも最も重要であると述べている[82]。(しかし同時に自身が召集された場合には、否定的な印象も抱いている[83]。)

O       陪審制度がアメリカ人に支持されている文化的理由として、「大衆[迎合]主義」(populism)、「平等主義」(egalitarianism)、および「反国家主義」(anti-statism)が挙げられている[84]

2            大衆[迎合]主義(populism): 陪審制度は人民が直接に統治することを許し、政府への民主主義的直接参加の「avatar」(体現者・化身)である。即ち訓練された専門家よりも、人民による直接統治を好む文化の表れである。

2            平等主義(egalitarianism): 裁判官が特殊な訓練と経験を有しているにも拘わらず、何の専門性も有さない素人の陪審員に対して、裁判官を越えた事実認定の権能を付与してしまっている点に「平等主義」が認められる。

2            反国家主義(anti-statism): 所謂(いわゆる)「陪審による法の無視」(jury nullification)の問題として論じられるような、「正義を行う」("doing justice")方法としての法の無視的な陪審員評決が現在でも続いていて、それは立法府や行政府の決定とは異なる決定を陪審裁判が下せてしまう「反国家主義」の表れである。国家の役人である裁判官よりも陪審員の方が権利の擁護者と捉えられている。

2        平野: 以下の有名な言葉[85]がその思想を表しているのではないか?

「私は生命、自由、および財産を、偉大な一人の男に委ねるよりも(むし)ろ十二人の正直な隣人に拠る評決に委ねたい何故(なぜ)ならば、偉大な男が常に正直者とは限らないからである。」

 

l       陪審制度の歴史: 古代アテネ時代にdikastと呼ばれる陪審員が証拠の評価と評決を行ったことに遡る[86]。アングロ・サクソン社会にも陪審が証人と混同した形で入り、米国では後掲の憲法で保障されるに至る。なお14世紀頃から18世紀に至る迄の英国の陪審員は事実認定を行わず専ら量刑のみを行っていた―そして法上の刑罰が重過ぎると陪審員が感じた場合に減刑していた―という指摘もある[87]。英国植民地支配時代の英国官僚判事達の恣意的な裁判に対して陪審制度が抵抗の手段になったことから、陪審裁判が支持されているとも云われている[88] 前掲「反国家主義」の分析参照。

O       一七三五年「ゼンガー(Zenger)裁判[89]――英国から新たに任命されたニューヨーク(NY)州植民地総督は、NY州裁判所の主席判事を更迭して自ら選んだ人物を新たな主席判事に据えた。更迭された前主席判事とその支持者達は、「ニューヨーク・ウイークリー・ジャーナル」という新聞を旗揚げしてジョン・ピーター・ゼンガー氏を編集発行人として雇い入れた。ジャーナルは総督達を辛辣に批判したので、NY州植民地政府はゼンガー氏を名誉毀損の罪で訴えた。審理に入る前に、被告人ゼンガー氏の弁護人達が新主席判事の不適格性を申し立てたところ、同判事は弁護人達の弁護士資格を剥奪する暴挙に出た。弁護を引き継いだアンドリュー・ハミルトンは、陪審員に対し無罪評決を下すように説得。それが功を奏して被告人は見事、無罪と相成った。当時の英国法に()れば、植民地政府への批判的表現が例え真実であっても有罪が明らかに必至だったところを、陪審員の良心ゆえに(英国法の適用を無視させて)無罪評決を勝ち得たので、「表現の自由」を確立した事件としても有名。(→前掲「四.jury nullification」参照。) 更にこの事件は、陪審が「地域社会の良心(を代表する)」というリーディング・ケースとしても名高い。()わば悪法を「無視」して迄も無罪評決を下すようにjury nullificationを訴えたハミルトン弁護士に拠る以下の最終弁論が、陪審員の機能を象徴しているとアメリカ法曹の間では語り草に迄もなっている。即ちハミルトン(いわ)く、「陪審員は、同僚の生命、自由、または財産を決する際に、自身の目で見、自身の耳で聴き、()つ自身の良心と理解を用いるべきなのである」と述べている[90]。これこそは正に、自治・自律の精神の表れであろう。それは恣意的な政府(総督と判事)の圧政に対して、陪審員が同僚の市民の自由を守ったから有名なだけではない。英雄的弁護士ハミルトンが、後に「建国の父」(ファウンディング・ファーザーズ)となるベンジャミン・フランクリン(独立宣言起草委員)の友人であり、()つ後の憲法起草者(初代財務長官)アレクサンダー・ハミルトンの叔父でもあったというエピソードも、この独立革命的英雄伝に花を添え、アメリカ人の心深くに刻まれている。このようにして「ゼンガー裁判」は、陪審の役割と義務に関するアメリカの入門的事例になったのである。

O       ゼンガー裁判」の後[91]、英国はアメリカの陪審裁判制度を管理し難いものと捉え、植民地の陪審裁判権を徐々に剥奪して行った。これを耐え難いものと植民者達は考え、「独立宣言」の中にも、英国王ジョージ三世が陪審裁判の権利を奪ったという記述が見られる。だからこそ、独立後、「建国の父達」の間では強い中央集権を支持する「連邦主義者(フェデラリスト)」と、弱い連邦政府(分散型統治)を支持する「反連邦主義者」の対立があったにも拘わらず、陪審裁判権を、新たな共和国に不可欠な民主的手続として捉え()つ重視していた点に就いては、皆一致して超党派的に支持することに成ったのである。

l       陪審裁判を受ける権利: 法源としては前掲「II.正義を担保する仕組み」「二.『公正な裁判』」内の『合衆国憲法』修正第六参照。(更に民事事件でも陪審裁判の権利が保障されている[92])

O         serious offence (禁固6ヶ月以上)の場合に権利アリ[93]

O         専らの権利と捉えられているけれども、25の州に於いては凾ェ陪審裁判を望まなくても検察側が陪審裁判を要求する権利アリ[94]

l       陪審員の人数(定足数):  人数[95]は原則12名。但、最低6名でも合憲という判例アリ。33の州に於いて12名未満の刑事裁判を許容。連邦刑事裁判は12名。

O         平野: 人数が多くなれば成るだけコンセンサスに至るのも難しくなる。「法と経済学」的には、「(市場)取引費用」(mkt. t/a costs)が高くなる?!

O         十二人も居たからこそ(なお且つ構成員が多様であった為に)気が付いた争点は以下。 DVD at ________, Rose at 70-71 (emphasis added).

 

9th Juror (to the 4th Juror)  The women who testified that she saw the killing had same deep marks on the sides of her nose.

…. 

9th Juror                Could those marks be made by anything other than eyeglasses?

4th Juror                No.  They couldn’t.

3rd Juror (to 4th Juror)  Listen, what are you saying here?  I didn’t see any marks.

4th Juror   I did.  Strange, but I didn’t think about it before.

3rd Juror   Well, what about the lawyer?  Why didn’t he say anything?

8th Juror   There are twelve people in here concentrating on this case.  Eleven of us didn’t think of it, either.

3rd Juror   Okay, Clarence Darrow (*).  Then what about the District Attorney?  You think he’d try to pull a trick like that, have her testify without glasses.

8th Juror   Maybe the District Attorney didn’t know, either.

 

(*) Clarence [Seward] Darrow」:18571938年。ミシガン大ロースクールを卒業してオハイオ州弁護士に成り、労働事件で有名に成った後に刑事弁護で無罪判決を数多く勝ち取った有名人。『英米法辞典』932(田中英夫代編1993年、東大出版)。演劇化もされてヘンリー・フォンダもその訳を演じたと云う。

______________.

 

O         12人の理由: 例えば連邦最高裁は、複数の市民団による判断の方が[一人の判事による判断よりも]政府の専制に対する歯止めに成ると指摘しつつも、12人である理由は不明だと以下のように云っている[96]

 

That history revealed a long tradition attaching great importance to the concept of relying on a body of one's peers to determine guilt or innocence as a safeguard against arbitrary law enforcement.  That same history, however, affords little insight into the considerations that gradually led the size of that body to be generally fixed at 12.

 

なお同判例の法廷意見は12人という数値への聖書の影響を示唆する説を紹介しつつも[97]、断定は避けている。

l       dynamics of group decision making: 最も「成績の良い学生一人」に演繹法を用いて課題を解かせた結果よりも、「最も成績の悪い複数の学生チーム」に解かせた結果の方が、良かった。理由は、前者が感情に左右されたまま回答し、後者は感情の左右を修正して行ったからであった[98]。 → 後掲「V. 投票が先か議論が先か?」内の「三.対話の必要性」参照。

l       陪審候補の召喚と日当[99]

O         先ず投票登録簿または自動車免許登録簿を基にした「jury pool (jury venire)」から無作為に候補者を選出。

O         近年では、無作為に選出された候補者宛に郵便でquestionnaireが送付され、これを埋めて返信した者を裁判所に召喚する慣行が広まっている[100]

O         召喚に応じない候補者に対し召喚を強制する努力をする裁判所は少なく、殆どの裁判所はquestionnaireを返信しない候補者に対し何もしない[101]。→その理由は、後掲「『市民の義務』の不履行・怠慢」参照。

O         従ってquestionnaireを返信しなければ陪審員の義務を免れ得る[102]

 

O         Trialが一週間以上続く場合は25%、一ヶ月以上続く場合は0.6%に過ぎない[103]

O         殆どの重罪事件のtrial3日から1週間程度で終わるけれども、カリフォルニア州では重罪事件の20件に1件の割合で約1ヶ月掛かる[104]。評議時間の平均は2時間超程度である[105]

O         期間が長引けばそれだけ外部の影響/misconductに陪審が曝される危険も高まる[106]

O         報酬(日当)は、連邦陪審で$40/日、州裁判所は安い所では$5/日の場合もある。

O         多くの大衆は「civic duty(市民の義務)を果たすことに関心を抱いているとも云われている[107]

O         陪審候補の召喚に従わないことは、「contempt of court(法廷侮辱罪)ゆえに罰金または禁固刑に値する[108]。 → 後掲「『市民の義務』の不履行・怠慢」参照。

O         陪審はadversary sys.上の受動的な決定者であるから、trial中に質問を発する権利も証人を求める権利も無い[109](しかし評議中に裁判官に法律に関する質問をすることは可能なばかりか、寧ろ奨励されるべき[110]。――「法律問題は裁判官に、事実問題は陪審員に」――

O         尤も、先進的な裁判所は、trial中の質問を許容する。∵何もしないで聞いているだけでは居眠りを誘ってしまう[111]

l       陪審員の適格性・選別―予備審問―voir(ヴォワール) dire(ディール)” (“to speak the truth”) [112]

O   「十二人の怒れる男」では、偏見に満ちた陪審員が複数入り込んでいるので、スクリーニングが不十分である[113]。今日では予備審問に於いて、特に少数民族が凾ナ死刑が絡む事件では、陪審候補者の偏見の有無が精査される[114]

2        10th Jurorのようにプエルトリコ人凾ノ対して強い偏見を抱く陪審員がそもそも選抜されたことが信じられないけれども、判事や弁護士の怠慢さを考慮すればそれ程の驚きではないかも...[115]

O       適格性 (disqualified for statutory reasons; excused for hardship reasons)[116]

2        嘗ては特定の職業(主に公益的職)従事者が免除されていたけれども、近年は免除が無くなる傾向。∵陪審義務の負担と、その市民教育的な便益は広く適用されるべき。

2        嘗ての免除職は、法曹、医師、警察、消防、公務員。

2        undue hardshipまたはextreme inconvenienceな理由でも免除される。

O         不適格者の選別の仕方 (voir(ヴォワール) dire(ディール) processperemptory challenges[117]): 以下の二種類の「忌避」(challenge)が可能。

challenge for cause

 (理由に基づく忌避)

理由を述べて判事が判断。

peremptory challenge

(理由不要の忌避)

理由なしで一定数(*)を忌避可能。但し以下の理由による忌避は禁止。人種、出身国、または性別[118]

(*) 連邦裁判所の死罪の事件では検察と弁護側双方が各20名まで可。同重罪事件では検察側6名、弁護側10名まで可。

O       当該事件に就いて事前に聞いたり読んだりしたことだけでは不適格に成らない。中立的に成ることが不可能ほどの意見を形成している場合に不適格と成る。

l       「市民の義務」の不履行・怠慢

O         陪審義務の回避を殆どの判事は重大な問題であるとは捉えておらず[119]、法廷侮辱罪等の罰を加えることは最後の手段であると捉えている[120]

O         questionnairesを返信しない者の多くは受信していなかったり、disqualifiedであったり、更に召喚に応じない者の多くには正当な理由が存在すると思われるので、殆どの裁判所は法廷侮辱罪を選別的にしか適用せず、例えば複数回に亘って応じなかったり、正当な理由がない場合に適用を限定している[121]

O         hardshipによる免除の申出に対して判事達は、もっと都合の良い別の機会を付与することにより対処している[122]

O         陪審員の義務を免れようとする者に対し義務を強要しない態度を採る判事も居る。∵評議を尽くすよりも早い評決を好み、責任ある正確な判断を期待できないから[123] “[C]oerced jurors make bad juros.[124] #7陪審員(ヤンキースの試合観戦予定者)?!

O         召喚を強制する為に法廷侮辱罪を適用するコストが高い[125]出頭しない者の多くには正当な理由があるし、前掲の通り強要しても良い陪審員にはならない[126]。更には侮辱罪の執行を増やせば既に負担の多い警察と検察からの反発も予想される[127]

O         陪審の義務を免れる為に自身の信念に就いて偽る者を判事も見抜けない[128]。裏付けできる嘘ではなく、陪審員候補者自身のfeelingsattitudeに関する嘘に対しては、判事も対処方法が判らない[129]

O         他方、陪審員候補が嘘を吐く理由として最も多い事柄として判事達が挙げるのは、陪審員の義務を免れる為であり、知性のある候補者は陪審の義務を回避できる明白な返事を知り且つ利用する、と指摘する判事も居る[130]

O         嘘を吐く候補者を殆どの判事は自身で除外するか、または弁護士・検事がvoir(ヴォワール) dire(ディール)で除外するに任せる。

O         義務を免れようと嘘を吐く候補者を開放せずに、trialの間中座って居るように命じたり、日当の支払拒絶を命じたり、再度の召喚を命じる判事も居る[131]

O         尤も、偏見を抱いていたり性格的な理由を主張するような、主観的な問題の存在を返事する候補者の多くは、出頭して選別段階の役務には服しても、それ以降のtrialと評議の役務からは開放されている[132]

O         大都会の居住者に成れば成る程に陪審の義務を望まないことの反映として、大都会ではvore direに於いて嘘を吐く候補者が増え、無断欠席や遅刻や仮病を使う陪審員も増える[133]

l       陪審制度の長所: 民主主義的であること。

O         反フェデラリストにとっては、特に嘗てのようにright to decide issues of lawも有していた陪審制度は、"for democratic participation in law-making no less important than the right to elect legislators."われていた[134]。/ 更に多くの人々にとって"the jury remains our only realistic opportunity to participate in governing ourselves."であると[135]

O         社会の実質的な賢明さ(practical wisdom)と集合的諸価値(collective values)を代表するともわれる[136]。構成員の多様な洞察力、視点、経験に拠り構成された、集合的・参加的な判断の方が、[一部の]エリート(“blue ribbon” juries)に拠る決定よりも好ましいという民主主義の考え方である[137] ⇔ しかしアメリカ人自身、アンビバレントな気持を抱いているようでもある。∵以下lawyer jokes参照[138]

 

Judge                           :  Which do you choose between a jury trial or bench trial?

Defendant          :  Jury trial.

Judge                :  Do you understand the difference?

Defendant      :  Yes, of course.  That is where twelve ignorant people decide my fate instead of one!

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _.

 

Defendant                      :  I’m very worried about my chances of getting off.

Lawyer               :  Don’t worry, I think we have a very unbiased jury.

Defendant          :  I don’t feel comfortable placing my fate in the hands of twelve people who were not even smart enough to get out of jury duty!

______________.

 

O         平野: 三権の中で司法府への主権者の参加は最も少ない?! (e.g., 日本の最高裁判事の罷免をしないことがデフォな制度?!)

l       陪審制度の短所[139]: その判断がより正しいのか...。

O         非効率的(時間と金が掛かり過ぎること)。

O         jury nullification(陪審による法の無視)問題[140]

O         例: 前掲映画「評決のとき」(本来は心神喪失ではないを無罪認定する) 前掲映画「ニューオーリンズ・トライアル」(近因が怪しいにも拘わらず銃メーカーを有責認定させるように操作する)

O         jury poolではなく、結果としての陪審構成員が、社会「全体」の反映ではないかもしれない問題。

O         複雑な事件は理解できない虞。

O         平野: そもそも法の適用(application of law)が素人に正しく出来るのかという不安。

O         重大事件の場合の事前報道による偏見を拭い切れない問題や、自身の偏見を拭い去れないかもしれない問題。

O         「十二人の怒れる男」の陪審員達も多くが、感情に流され、偏見に左右され、関連性のない事項によって事実認定をしてしまいがち?![141] 

目次に戻る


[1] 伝統的な「殺人(homicide)」は、@犯罪に成らない「justifiable homicide(職務上の殺人)」や「excusable homicide(正当防衛等)」と、A犯罪になる「murder(謀殺)」―malice aforethoughtを伴う場合―や、「voluntary manslaughter(故殺)」―provocationに応じた場合―や、「involuntary manslaughter(過失致死)」等に分類される。See, e.g., Burnham, supra, at 542-44.

[2] In re Winship, 397 U.S. 358, 364 (1961) (emphasis added).

[3] Id. at 361 (emphasis added).

[4] Asimow, A Revisionist View, supra, at 713 n.11 (quoting Commonwealth v. Webster, 59 Mass. (5 Cush.) 295, 320 (1850)).

[5] Id.

[6] Burnham, supra, at 105.  See also Asimow, A Revisionist View, supra, at 713 (90%100%の間であると指摘).

[7] See Burnham, supra, at 105.

[8] Id. at 94 n.60.

[9] Hans, supra, at 580;  Weisselberg, supra note 7, at 718.

[10] Abramson, Anger, supra, at 595.

[11] Hans, supra, at 586.

[12] Id. at 586-87.

[13] James Surowiecki, The Wisdom of Crowds 31 (2005) cited in Marder, A Portrayal, supra, at 899 n.52.

[14] Burnham, supra, at 89-91.

[15] Abramson, Anger, supra, at 595.

[16] Nancy J. King, Postconviction Review of Jury Discrimination: Measuring the Effects of Juror Race on Jury Decision, 92 Mich. L. Rev. 63, 94-96 (1993);  Asimow & Mader, supra, ¶9.10.1, at 144;  Burnham, supra, at 90.

[17] Taylor v. Louisiana, 419 U.S. 522 (1975).  See also Hans, supra, at 580 & n.2 (如何なるグループもjury venireからsystematicallyに除外されれば陪審制度を弱めることに成るから望ましく無いと連邦最高裁がThiel v. Southern Pacific Co., 328 U.S. 217 (1946)に於いて指摘して以降、以下の判例を通じてcross-section requirementsを詳細化して行ったと指摘。Taylor, 419 U.S. 522;  Duren v. Missouri, 439 U.S. 357 (1979);  Peters v. Kiff, 407 U.S. 493 (1972));  Weisselberg, supra, at 718 n.4 (ほぼ同旨).  尤も、jury poolに於いては社会を横断的に代表するような召集を要求しているけれども、選別後の結果として残る陪審員の構成自体がそうなること迄は連邦憲法上求められていないとも指摘されている。Burnham, supra, at 305. 尤も本文後掲するようにvoir(ヴォワール) dire(ディール) (選別段階)で人種等を理由に候補者を外すことは許されない。

[18] Marder, A Portrayal, supra, at 895 n.35.

[19] 私立探偵Mike Hammerを主人公にしたMickey Spillane1947年の小説の映画化。

[20] Sparf & Hansen v. United States, 156 U.S. 51, 74 (1895) (emphasis added).

[21] Burnham, supra, a 94 n.60 (emphasis added).

[22] Id. at 105.

[23] Id.

[24] See, e.g., Weisselberg, supra, at 728-29.

[25] Marder, A Portrayal, supra, at 889.  平野:尤も以下の最近のNY州の説示例を見ると、評議/熟議―deliberation―の重要性をよく説いているようにも思われる。

DELIBERATIONS

….

  To reach a unanimous verdict you must deliberate with the other jurors.  That means you should discuss the evidence and consult with each other, listen to each other, give each other’s views careful consideration, and reason together when considering the evidence.  And when you deliberate, you should do so with a view towards reaching an agreement if that can be done without surrendering individual judgment.

   Each of you must decide the case for yourself, but only after a fair and impartial consideration of the evidence with the other jurors.  You should not surrender an honest view of the evidence simply because you want the trial to end or you are outvoted.  At the same time, you should not hesitate to reexamine your views and changer your mind if you become convinced that your position was not correct.

 

Deliberations, CJI2d[NY] Charges of General Applicability, Criminal Jury Instruction 2d, New York State Unified Court System, available at

http://www.courts.state.ny.us/cji/1-General/CJI2d.Deliberations.pdf (last visit on Nov. 4, 2008) (emphasis added).

 

[26] Weisselberg, supra, at 730 (“[T]he jury may be our most secretive democratic public institution.”と指摘).

[27] Abramson, Anger, supra, at 607 (“[Jury deliberations’] secrecyis also a feature indispensable to the independence of juries.”と指摘).

[28] United States v. Thomas, 116 F.3d 606, 618-19 (2d Cir. 1997) cited in Abramson, Anger, supra, at 607 (emphasis added).

[29] Andrew Leipold, Rethinking Jury Nullification, 82 Va. L. Rev. 253, 260 & n.21 (1996) (motion for a judgment of acquittal」を規定するF.R.Crim.P. 29を引用しながら).  See also Pamela Baschab, Jury Nullification: The Anti-Atticus, 65 Ala. Law. 110, 113 (2004) (民事訴訟ならばJ.N.O.V.―評決無視の判決―やdirected verdict―指図評決―等々を通じて陪審の判断に対し裁判所が介入できるけれども、刑事事件では陪審によるunwise[無罪の]評決を裁判所がreview出来ない仕組みであると指摘).

[30] Asimow & Mader, supra, ¶3.07, at 43.

[31] Leipold, supra, at 260, 262.

[32] U.S. Const. amend. V.

[33] Burnham, supra, at 87;  Asimow & Mader, supra, ¶9.12, at 146;  Leipold, supra, at 261 & n.22.  尤も稀に、例えば中立的な評決を下せないような特殊な事情に拠りtrialを途中で中止せねばならない「明白な必要性」(manifest necessity)が生じてmistrial―審理無効―を判事が宣言した場合等にはdouble jeopardy禁止に該当しないとされる例外もある。See, e.g., Burnham, supra, at 311-12.

[34] Weisselberg, supra, at 726-27 & n.49 (Green v. United States, 355 U.S. 184, 188 (1957)の以下の法廷意見を引用しつつ説明している。”It has long been settled under the Fifth Amendment that a verdict of acquittal is final, ending a defendant’s jeopardy….  … Government cannot secure a new trial by means of an appeal even though an acquittal may appear to be erroneous.” (emphasis added)).

[35] Black’s Law Dictionary 875 (8th ed. 2004) (emphasis added).

[36] Baschab, supra, at 112.

[37] Abramson, Anger, supra, at 609 n.90.

[38] See, e.g., id. at 606 n.77.

[39] See, e.g., id. at 606.  See also Burnham, supra, at 88 (jury nullification防止の阻害原因として、評決に至った理由を示さずに済むgeneral verdictの仕組みを挙げている).

[40] Abramson, Anger, supra, at 606 n.77.

[41] Aaron T. Oliver, Jury Nullification: Should the Type of Case Matter?, 6 Kan. J. L. & Pub. Pol’y 49, 51 (1997).  See also Asimow & Mader, supra, ¶9.12, at 146.

[42] See Baschab, supra, at 112.

[43] Id. at 113.

[44] なおPapkeは、「ニューオーリンズ・トライアル」ではgenuine deliberative processの可能性や重要性を考えさせる要素が無いので「十二人の怒れる男」とは全く異なると指摘している。Papke, supra, at 745.

[45] Asimow, A Revisionist View, supra, at 713 n.10 (作品内の評決は“arbitrary and wrong”と指摘).

[46] Abramson, Anger, supra, at 607.

[47] Id. at 607.

[48] Id. at 608.

[49] Id.

[50] People v. Engelman, 28 Cal.4th 436, 447 (2002) cited in Abramson, Anger, supra, at 609 & n.89 (emphasis added).

[51] Reichelt, supra, at 574-75.

[52] 本文中の以下の矢じり印の項目も含めて出典は、see Burnham, supra, at 105.

[53] Mader, Introduction, supra, at 576 n.106.

[54] Hans, supra, at 588-89.

[55] Abramson, Anger, supra, at 600.

[56] Asimow, A Revisionist View, supra, at 716.

[57] See Marder, A Portrayal, supra, at 896-97.

[58] Reichelt, supra, at 582.

[59] Id. at 574.

[60] Reichelt, supra, at 575-76. 但しAbramsonに拠れば、全員一致の例外を取り入れたのは両州共に死罪ではない場合とされる。Abramson, Anger, supra, at 599.

[61] See, e.g., Marder, Introduction, supra, at 564 (近年ではhold-outsが頑固者―stubborn―であると看做されていると指摘).

[62] Abramsonは、確かに警察への不信がアフリカ系アメリカ人に在ると実証研究が示していると指摘しつつも、deliberationの後に迄も理不尽に振舞う証拠は無いと主張している。Abramson, Anger, supra, at 602-04, 610.

[63] See id.at 595-96, 601.

[64] Id. at 596.

[65] Id. at 598.

[66] Id. at 600, 602.  See also Marder, Introduction, supra, at 564 (同旨).

[67] Abramson, Anger, supra, at 592 n.3.

[68] Id. at 601 & n.42.

[69] Reichelt, supra note 22, at 575-76.

[70] Hans, supra, at 587.

[71] Reichelt, supra, at 579-83.

[72] Id.  See also Abramson, Anger, supra, at 600 (同旨).

[73] See Burnham, supra, at 86;  Asimow & Mader, supra, ¶9.07.3, at 141-02.

[74] Burnham, supra, at 86-87.

[75] Id. at 124-25.

[76] Asimow & Mader, supra, ¶9.06, at 139.

[77] Nancy J. King, Juror Delinquency in Criminal Trials in America, 1796-1996, 94 Mich. L. Rev. 2673, 2751 (1996).

[78] Id.

[79] Id. at 2676 n.8 (徴兵派はcivic dutyshared burdenequality、およびlearned patriotismの理想を主張し、対する職業軍人派は徴兵制度が愛国心を却って破壊し、且つ職業軍人の方がより良い兵士になると反論).

[80] 名著『アメリカの民主主義』を書いた仏人歴史家アレクシス・トクヴィルや、第三代大統領・独立宣言起草者トーマス・ジェファソンも、民主主義教育としての陪審制を説いていると云われている。Oscar G. Chase, Law, Culture, and Ritual: Disputing System in Cross-Cultural Context 55-58 (2005, New York University Press).

[81] King, Juror Delinquency, supra, at 2745.

[82] Am. Bar Ass'n, Perceptions of the U.S. Justice System 6-7 (1998), available at  

http://www.abanet.org/media/perception/perceptions.pdf (last visited Nov. 21, 2007). 翌1999年の調査では被告人の有罪・無罪を決定する制度として陪審制度が最も公正な方法であることを支持する割合が78%に達しているAsimow & Mader, supra, ¶9.06, at 139. 同調査では判事を信じるとする者の割合は僅か32%であり、lawyerを信じる者の割合に至っては14%である。Id.

[83] Asimow & Mader, supra, ¶9.07.2, at 141.

[84] 陪審制度を肯定するアメリカ「文化論」の出典としてはsee Chase, supra, at 50-55, 64-67, 70-71, 92.

[85] 出典は、Kenneth S. Klein, Unpacking the Jury Box, 47 Hastings L. J. 1325, 1340 (1996) (emphasis added)(訳は本書筆者). なお日本人は全く逆に、以下の言葉こそが相応しいと云われているようである。(詠み人不詳)

 

愚かな複数の大衆に裁かれるよりも、(むし)賢い一人の裁判官に裁かれたい

 

[86] Kurt M. Saunders, Race and Representation in Jury Service Selection, 36 Duq. L. Rev. 49, 50 (1997).

[87] Hoffman, supra, at 682.

[88] Chase, supra, at 55-58.  See also Weisselberg, supra note 7, at 731 (植民地人から成る陪審が政治的な意図から訴追された出版者に無罪評決を下したZenger事件に代表されるように、行政府をチェックする独立した機関としての陪審制度がアメリカの歴史と文化に根付いていると指摘).

[89] See, e.g., Ann Hopkins, Comment, Mens Rea and the Right to Trial by Jury, 76 Calif. L. Rev. 391, 395-96 (1998);  Oscar G. Chase, American “Exceptionalism” and Comparative Procedure, 50 Am. J. Comp. L. 277, 290-91 (2002).

[90] Hopkins, supra, at 395-96. (“Jurymen are to see with their own eyes, to hear with their own ears, and to make use of their own consciences and understandings, in judging of the lives, liberties or estates o their fellow subjects.”と主張した).

[91] See, e.g., id.;  Chase, American “Exceptionalism”, supra, at 290-91.

[92] 以下の合衆国憲法修正第七がその法源の代表例である。

In Suit at common law, where the value in controversy shall exceed twenty dollars, the right of trial by jury shall be preserved, and no fact tried by a jury shall be otherwise re-examined in any Court of the United States, than according to the rules of the common law.

Const. amend. VII (emphasis added).

 

[93] See, e.g., Burnham supra, at 304.

[94] Id.

[95] Id.

[96] Williams v. Florida, 399 U.S. 78, 87 (1970).

[97] See id. at 87 & n.23 ("number of twelve is much respected in holy writ [聖書], as 12 apostles [十二使徒], 12 stones [十二の宝石], 12 tribes [十二支族], etc."という説を紹介している).

[98] Burnham, supra, at 121-22.

[99] Id. at 89-91.

[100] King, Juror Delinquency, supra, at 2696.

[101] Id.

[102] Id.

[103] Burnham, supra, at 91.

[104] King, Juror Delinquency, supra, at 2709.

[105] Id. at 2710.

[106] Id. at 2712.

[107] Burnham, supra, at 89

[108] Id.

[109] Id. at 85.

[110] King, Juror Delinquency, supra, at 2750.

[111] Id. at 2748;  Asimow & Mader, supra, ¶9.09, at 143.  先進的な裁判所は、更にメモを取ったり、評議前に陪審員同士で事件を話し合ったりすること(嘗てはtrialが終わる前に事件を論じ合うことは先入観を生むので禁止されていた)も許容する。King, Juror Delinquency, supra, at 2750.

[112] 本文中の矢じり印の記述も含めて、see generally Burnham, supra, at 91, 92-94.

[113] Abramson, Anger, supra, at 595-96.

[114] Id.

[115] Marder, A Portrayal, supra, at 891.

[116] Burnham, supra, at 89.

[117] disqualifyされた陪審候補者は、impartialityを疑われた負い目を抱くという指摘もある。See Asimow & Mader, supra, ¶9.07.2, at 141. 従ってvoir direの質問に正しく応えずに良き陪審候補者を演じようとする問題もあろう。

[118] Batson v. Kentucky, 476 U.S. 79 (1986) (検察側からの人種に拠るperemptory challengeは修正第十四のEqual Protection Clause違反であると判示).  See also Weisselberg, supra, at 718 n.4 (同判決が人種に基づくperemptory challengeを実質上禁じたと指摘).

[119] King, Juror Delinquency, supra, at 2699.

[120] Id. at 2701.

[121] Id. at 2701-02.

[122] Id. at 2701.

[123] Id. at 2677.

[124] Id. at 2703.

[125] Id. at 2677.

[126] Id. at 2703.

[127] Id. at 2706.

[128] Id. at 2677.

[129] Id. at 2705.

[130] Id. at 2704.

[131] Id. at 2705.

[132] Id. at 2705.

[133] Id. at 2738.

[134] See Saunders, supra, at 53 & n17.

[135] Id. at 53 & n18.

[136] Id. at 53-54.

[137] Id. at 54.

[138] See 平野「"法と文学と法職倫理(24)supra, at 『際商』313421, 421-22(2003).

[139] See generally Burnham, supra, at 120-21.

[140] この論点の出典はsee Asimow & Mader, supra, ¶9.12, at 146.

[141] Id. ¶9.07, at 140 (高名な控訴審判事Jerome Frankによる『Courts on Trial(1949)というlegal realismの書から引用しつつ陪審制度への懐疑的見方の代表例を示している).

目次に戻る

トップページに戻る