中央大学総合政策学部
システム管理室

MENU


業務内容と受付時間

演習室授業使用予定表

演習室利用のルール

貸出ノートPC利用のルール

映像編集のルール

よくある質問

物品貸出について

申請書ダウンロード

ネットワーク利用に
関する資料


情報処理教育環境



HOME



システム管理室での物品貸し出しについて

Ⅰ.教員の方へ

1.貸し出し物品一覧

ノートPC、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、プロジェクター、 ヘッドホン、三脚、ドリー、外付けハードディスク(USB) 電源用延長ケーブル、パワーポイント用リモコン 他

2.システム管理室からのお願い

授業で使用される場合は、1週間前までに、システム管理室にご連絡ください。予約受付いたします。
数日間継続した貸し出し(ゼミ合宿等)を希望される場合は、システム管理室にて申請書にご記入をお願いいたします。

Ⅱ.学生の方へ

1.貸し出し物品一覧

教員向けの貸し出し物品に準じます。

※ただし、デジタルビデオカメラは、担当教員の許可(申請書)が必要です。また、デジタルビデオカメラを学外に持ち出す場合は、持ち出し日3日前までに申請し、情報小委員会の承認が得られた場合のみ貸し出しを行います。

2.受付場所

11号館1階システム管理室におこし下さい。

3.受付時間(貸し出しおよび返却)

月~金 : 9:00~18:00
土 : 9:00~15:00

学事日程、長期休暇中、施設・備品等のメンテナンスにより、受付時間が変更になる場合がありますので、その際は臨時の受付時間に従って下さい

4.貸し出しに関する注意事項

  1. 物品の貸し出しは授業利用として教員または学部から申請を受けているものを最優先とする。
  2. 貸し出し対象者は本学部所属の学生とする。学生証による本人確認を行うので、必ず携行すること。
  3. いずれの物品も、取り扱いには十分注意し丁寧に取り扱うこと。飲食しながらの使用は認めない。
  4. 用途が同じものはひとり1台しか借りることはできない。
    (例:ノートPCとデジカメは○、 ノートPC2台は×)
  5. 必ず本人がシステム管理室にて貸出・返却手続きを行い、借用者本人が使用すること。他人へのまた貸しは認めない。
  6. 事前の貸し出し予約は受け付けない。
  7. 日をまたがっての貸し出し・学外持ち出しは、担当教員が認めた場合のみ許可する。事前に所定の用紙に担当教員の署名・サインが必要となるので、システム管理室に申し出ること。その際の貸出・返却手続きおよび、使用においては、使用者である学生が責任を持って行うこと。

    ※注:デジタルビデオカメラ、三脚、ドーリーなどの映像機器の学外持ち出しは、情報小委員会の承認が必要となりますので、持ち出しの3日前までに申請をお願いいたします。
  8. 5・6限の授業で物品を使用するため、受付時間内に物品を返却できない場合は、事前に申し出てそれが認められた場合のみ、返却時間の延長ができる。返却方法などの詳細はシステム管理室で確認すること。
  9. 期限内に返却しなかった場合は、返却遅延としてカウントし、返却遅延を2回行った場合は、始末書を提出すること。また返却遅延が続く場合は貸し出し停止処分とすることもあるので十分に注意する。
  10. 借用していた機器類またはその付属品を破損・紛失してしまった場合は、ただちにシステム管理室に申し出ること。破損・紛失の場合は、情報小委員会に報告を行い、該当部分の弁償もしくは現物の弁償を請求する場合がある。

もどる

>