中央大学総合政策学部
システム管理室

MENU


業務内容と受付時間

演習室授業使用予定表

演習室利用のルール

貸出ノートPC利用のルール

映像編集のルール

よくある質問

物品貸出について

申請書ダウンロード

ネットワーク利用に
関する資料


情報処理教育環境



HOME



映像編集のルール


1. ビデオカメラの借用は先生の許可が必要です。
デジタルビデオカメラは、担当教員の許可(申請書)が必要です。
さらに、デジタルビデオカメラを日をまたがって学外に持ち出す場合は、持ち出し日3日前までに申請し、情報小委員会の承認が得られた場合のみ貸し出しを行います。


2. 映像編集はマルチメディアPCで。
映像編集ができるパソコン(マルチメディアPC)は、以下のとおりです。

教室 台数 ホスト名
演習室Ⅰ 40台 100A0~100D9
情報自習室 15台 208A0~5、208B0~8

3. データ保存は、ローカルハードディスク(D:)を使用すること。
作業するマルチメディアPCを決定したら、ローカルハードディスク(D:)に編集作業用のフォルダを作成します。編集作業で必要となるファイル(Premiereのプロジェクトファイル、キャプチャした映像ファイルなど)はすべて、その作業フォルダ内に保存してください。一連の編集作業は、同一のマルチメディアPCで行うことになります。
4. 映像編集が終了したら、データを削除すること。
すべての作業が終わり次第、使用したローカルハードディスク(D:)の作業フォルダは削除してください。
また、ローカルハードディスク(D:)は1年2回(例年2月入試期間中と夏休み中)をめどに初期化しています。

もどる